私は3年前に、主人が単身赴任で関西へ行っている間に、ハッピーメールを利用したことがあります。
子供も部活や塾で帰りが遅い日が続き、日中は殆ど暇を持て余している毎日でした。
ちょっとした出会いを探すつもりで、37歳と少し年を誤魔化して人妻として登録しました。
さすがに人妻だと誰もいいよって来ないかと思っていたのですが、意外と出会い系には40代、50代の男性会員が多く、「一度会いましょう」と何度もメールをくれた男性と会うことにしました。

 

彼は38歳の自称デザイナーで、平日の昼間に時間の自由がきくということでした。
会ってみると思ったよりもイケメンで話しも上手で、いつの間にか彼に魅かれている自分を感じました。
彼も妻帯者ですが、海外出張が多いのでちょっと遊びたくて、出会い系を利用したそうです。
人妻でも気にしないと言ってくれて、「大切なのは今の気持ちだから」と笑顔で言うので、そのままホテルへと行ってしまったのです。

 

それ以来彼とは2-3週間に一度連絡をしてホテルへ行く関係となりました。
子供達が帰ってくるまでに気替えもシャワーも済ましておいたので、万全のはずでした。
彼はとても話しが上手で、私が少しでも話題を振ると全てにおいてユーモアのある内容で受け答えしてくれました。
ところが一度、ホテルからでて通りを歩いているところを息子のクラスのお母さんに見られたようでした。
しかしその時は、いとこであると誤魔化すことができました。

 

私と彼との関係は、主人が単身赴任を終えて戻ってくるまで続きました。
別れる時も、彼はかなり割り切った様子で、他にも出会い系サイトで他の人妻にアプローチしている様子でした。

 

一時の気の迷いと言われればそれだけかも知れません、しかし私にとって、一度終わってしまった恋愛という気持ちをもう一度思い返すことができてむしろ嬉しい出会いでした。
あれから3年経ち、再び彼との出会いに期待していますが、当時の彼のハンドルネームを見かけることはありません。

 

既婚 女性 42歳 専業主婦